校正に関する相談窓口
電話でのお問い合わせ

052-522-2184

メール送信フォームからお問い合わせ

校正/IATF16949

IATF16949規格への対応

IATF対応の校正でお悩みのお客様へ NKSからのご提案

IATF16949規格を運用しているお客様からの生の声

  • 校正先を全てJCSSやA2LA機関へ切り替えましたが、今までの費用の数倍かかりました。
  • JCSS・A2LA校正に対応出来る依頼先が判らず、校正を継続出来てません。
  • 校正先を製造業者(メーカ)へ依頼しました。
  • 審査で校正先を指摘されるまで静観し、NKSへの依頼を継続しています。
  • 手順書を作成し、標準器を揃えて社内校正へ切り替えました。
  • 国内でJCSS校正を対応してくれる会社がなく海外の校正会社へ依頼し、納期が2ヵ月かかりました。…等

お客様が苦労されている原因は、IATF16949規格にある高レベルな要求

IATF16949で求められている外部試験所に対する要求事項(7.1.5.3.2)

『校正又は試験報告書の認証書は、国家認定機関のマークを含んでいなければならない』

IATF16949:2016 抜粋

製造現場の計測器をISO/IEC17025レベルで管理するのは難しい状況です。

その他、JCSS(またはA2LA)校正を依頼する際の注意点

【外部試験所に関する要求事項】

「ISO/IEC17025の校正機関を利用できない場合、製造メーカで実施しても良い」とされています。

その場合、内部試験所で要求している技術的要件を満たすことが必要です。

TS16949規格

「要求事項を満たすことが望ましい

*「ISO/TS16949:2009 7.6.3.2 注記2」より抜粋

改訂

IATF16949規格

「要求事項を満たすことを確実にすること

*「IATF16949:2016 7.1.5.3.2 」より抜粋

要求内容が厳しくなったため製造メーカに無条件に校正依頼をすることができなくなりました。

三次元測定器

JCSS校正は、不確かさを求めることで作業の手間、コストがかかります。

三次元測定器をJCSS校正した場合
校正費:30万円程度
納期:2ヶ月後

当社からのご提案

提案1:管理レベルによる計測器の識別

①IATF16949管理レベル

②ISO9001管理レベル ⇒ NKSで対応可能です。

提案2:外部試験所として第二者監査を実施

上記内容についてのお問い合わせ(Mail・TEL)/資料請求

セクター規格への対応へ >>